ふるさと納税に興味があるけど、そもそもふるさと納税とは?

ふるさと納税って何?

ふるさと納税は寄付のようなものですが、寄付でも大きな違いがあります。今まで住んでいた所に税金を納める行為を指します。ずっと生まれ育った場所で仕事なり、移住している人はその行為自体もしない人が多いでしょう。生まれ育った故郷を今、離れていますが、それでも故郷を思う気持ちはありますよね。そんな人向けの行為だというので、金額自体は個人の自由です。金額自体は制限がないので、頂いた地域では好意として今後の地域発展へと繋げてくれるでしょう。

故郷を思う気持ちを忘れては寂しい

故郷を捨てたわけではないでしょう。誰もが愛着を持っていますが、仕事なり、進学を理由にして出て行かざるを得ない状況だったら周りも理解しているでしょう。なんとか恩返しがしたい、それがふるさと納税に繋がっています。今まで育ててくれた土地が無くなってしまうと悲しいですが、それでもずっと残っていたらいずれは帰ってきたいでしょう。都会に憧れていると、ふるさとに愛着を持っていてもお金などを理由に出て行きます。馴染んで行くと、地元方言にも違和感が出ます。そうならないよう、恩返し出来る仕組みが重要なのです。

ふるさと納税は誰でも寄付可能なの?

地元の人以外にもふるさと納税を寄付することが可能なのです。その土地が好きだったり、生まれは違うけど、育った場所がそこなどの理由でも可能です。色んな人から寄付されると、地元活性化して行く手段にもなるでしょう。お金を持っていると、使い道に困って溜まっていく一方です。貯金するのも大事ですが、地道に寄付する事でその地域に貢献していると自負できます。お金持っている事に魅力を感じない人もいますが、そんな人にも適しているのがふるさと納税です。

ふるさと納税の制度を利用すると特産品などを受け取ることが出来るので、有効に活用してみる価値はあります。